toggle
2017-09-11

「旅の思い出を本に綴じる」ワークショップ:工房からの風プレイベント

ws918

毎年10月に千葉・本八幡で開催される野外クラフト展「工房からの風」。
全国から集った手仕事の作り手が、会場を訪れる人々と豊かに繋がっていく、気持ちのよい風の起こる場所です。
その15回展となる今年、縁合って出展の機会をいただきました。
生活の中にある手仕事としての製本、をどうお伝えできるか……目下制作中です。

そして9月の連休に、工房からの風のプレイベントとして「旅の本」をつくるワークショップを開きます。
夏のあいだ、旅へ出かけた方も多い事と思います。
旅をともにした地図や切符、思い出がつまった紙たちを針と糸で本へと仕立てます。
ギャラリーらふとさんの気持ちのよい秋の庭で、手製本の時間をご一緒しましょう。
お申し込みはギャラリーらふとさんのホームページから。(他のお二方の会もとても魅力的です!)


9/18 (月祝) 「手製本ワークショップ 旅の思い出を本に綴じる」

講師:空想製本屋
10時半~13時
定員:6名様 会費:3500円
お申し込み:ギャラリーらふとお申し込みフォームへ

今年度工房からの風出展の製本家、
空想製本屋・本間あずささんによるワークショップを開きます。
空想製本屋さんが取り組まれているテーマのひとつ、「旅の本」。
さまざまな国や街の古い地図やガイドなどをオリジナルに編集し、
一冊に仕立てていらっしゃいます。
ページごとに風合いのことなる紙の手触りも楽しく、本を開く度に発見がありそうです。

今回のワークショップでは、ご自分の「旅の本」を作ります。
旅を共にした地図、行き先が記されたチケット、
はっとした瞬間をおさめた写真に、心踊るお菓子の包み紙、きれいな木の葉…
大切な思い出として手元にお持ちの方もいらっしゃることでしょう。
そんな旅のかけらを、糸で綴じ合わせ一冊に仕立てます。
自分だけの「旅の本」を開けばいつでも記憶の旅に出かけることができるでしょうか。
紙が本のかたちになる工程を空想製本屋さんが丁寧に教えてくださいます。
手製本がはじめての方も大歓迎です。

・持ち物・
筆記用具、旅先で集めた地図やパンフレット、切符、チケットなど5〜6種類(A5サイズまで)

 

ws918.2