toggle
diary
2017-06-13 | diary, お知らせ

holo shirts.さんの生地作り

720a4fc3-a6d1-44f6-89c0-2c498d702e7d

オーダーメイドシャツ屋holo shirts.さんによる、オリジナル生地制作のクラウドファンディング企画が進行中です。

こちら!→https://camp-fire.jp/projects/view/28357?utm_source=cf_widget&utm_medium=widget&utm_campaign=widget

店舗を持たずに、オーダーから制作までお一人で手がけるholo shirs.さん。
普段は全国各地を飛び回って、シャツの受注会を開いています。
お客様一人一人に合わせて細かに採寸をし、その方のライフスタイルや好みをお聞きし、一緒に理想のシャツの形を探してゆくというスタイルで、丁寧なシャツ作りをされています。

空想製本屋とのつながりは、シャツのハギレから。ハギレを分けていただいて「はしばしノート」を制作したり、個人的にもシャツ地のTシャツをオーダーさせていただいたりしています。
本とシャツという異なるものながら、holo shirts.さんのシャツ作りには、空想製本屋のオーダーメイド手製本にも通じる思いがあるなと常々感じています。

量販店や大きなブランドでは、もっと簡易で求めやすいオーダーシャツもあるに違いありませんが、お一人で、小さな規模だからこそできるお客様との深いコミュニケーションが存在し、じかに顔を見てシャツを作り上げていく過程にも、満足感があると思うのです。

出来上がったシャツの丁寧な手仕事、心地よさはもちろんのこと。

そんな、小さな仕事をこつこつと深められてきたholo shirts.の窪田さんが、今大きな挑戦をされています。
オリジナルチェック生地の本生産に向けて、クラウドファンディングが進行中なのです。

10b7cbf1-f222-4357-b500-24db49912dde

織物の開発には、大きなコストがかかり、個性的な柄の織物が世に出にくくなっているとのこと。また小さなブランドではたくさん作っても生地を使い切れないというのです。
それならば、本生産前に生地が欲しい人を募り、生地を独占せずに「みんなのチェック」として購入していただこうという試み。

チェック生地そのものはもちろん、ハンカチや、シャツ、シャツ地のTシャツ、生地を使ったワークショップや工場見学など、リターンも様々用意されています。
空想製本屋では、このリターンのひとつとして、布張りのノートを制作させていただきました。

B6判を少し縦長にした使いやすいサイズで、本文紙には「バンクペーパー」という、張りのある上質な筆記用紙を用いています。その名が示す通り、銀行の帳簿などに使われていた紙で、「three diamonds(三菱)」と透かしマークが入っています。万年筆との相性も抜群。

布を裏打ちし、紙を折り、穴を開け糸で綴じるところまで、もちろん一冊一冊すべて手作業です。
背には、チェック生地の色からとった鮮やかな青の綴じ糸を見せています。

6a814ff1-a8ba-4e6f-80be-65188d20c3bc

7b2e84c1-cf21-4db4-b4a1-517df67521ca

判型:125×184ミリ B6変形
頁数:64p
本文紙:バンクペーパー B判73kg
見返し:ビオトープ ワインレッド90kg
綴じ糸:青麻糸
綴じ方:ステッチ中綴じ、背あり

小さなブランドの上げる小さな声が、じわじわと共感を呼んで広がってきています。
やがて大きな流れになり、今後の生地開発の一つのモデルになるのかもしれません。

ご自身の仕事のみならず業界全体の先を見据えた、holo shirts.さんの小さいけれど大きな意味を持つ、一歩。
同じ個人事業主として、生地好きシャツ好きとして、この試みを応援しています。

クラウドファンディングは6/25 23:59まで。
あと2週間ほど。気になる方はぜひサイトをじっくり、読んでみてください。

 

 

 

「オリジナルノートをつくろう」たまら・び@ISETAN TACHIKAWA

 

DSC_0269DSC_0264

ワークショップとイベント参加のお知らせです。

場所は、伊勢丹立川店さん。
けやき出版さんの刊行する「たまら・び」No.95の特集「オーダーメイドしよう。」とのコラボイベントです。
この特集の巻頭に、「ちょっと不思議なオーダーメイド」として、空想製本屋の手製本を掲載させていただきました。
フェア期間中には、たまら・びに掲載の、木製めがね、前掛け、シャツ、腕時計などなど、多摩地域の素敵なお店が伊勢丹立川店に登場するそうです!

空想製本屋は4/23(日)に、ワークショップと製本作品の展示販売をさせていただきます。
「庭の本」や「本の庭」、「はしばしノート」を並べて、お待ちしています。
ワークショップでは、様々な紙の組み合わせを選び、糸で綴じて仕立てるオリジナルノートを作ります。
オーダーメイドの気分も味わえるノートを手製本でご一緒に作りましょう。


「オリジナルノートをつくろう」

様々な色や質感の紙を自由に組み合わせ、表紙を選び、針と糸で綴じて仕立てるノートをつくります。
ばらばらの紙が綴じ合わされて本へと変わる手製本の楽しさを、体験いただけます。
包装紙やカード等、お持ち込みの紙を一緒に綴じることもできます。
表紙は豪華版の布貼り。様々な色・柄の布を、こちらでご用意した中からお選びいただけます。
(オーダーメイドシャツ屋holoshirts.さんのシャツのハギレも使わせていただけることになりました!)

手のひらにのる、A7サイズ(105×74ミリ)ながら、手製本の醍醐味がぎゅっとつまったノートです。

日時:4/23(日)
  ①10時〜 ②13時〜 ③16時〜 (所要1時間半)
定員:各回6名
場所:伊勢丹立川店2階ギャラリースクエア(東京都立川市曙町2-5-1)
参加費:3,240円(材料費込み)
お申し込み:4/12(水)10:00より受付。
      空想製本屋宛メール info@honno-aida.com に、お名前、ご連絡先、ご希望の回を添えてお申し込みください。
      または伊勢丹立川店店頭 042-548-2277 にて承ります。

 

2017-04-10 | diary, 制作日記

絵本「うさぎまでのおさらい」をつくったこと

DSC_0209DSC_0212
井上奈奈さんのあたらしい絵本「うさぎまでのおさらい」(ビーナイス刊)の製本監修を、縁合って空想製本屋がさせていただきました。
作家が紡いだ物語をリソグラフ印刷で丁寧に刷り、糸かがり手製本をした、様々な方々の手が結集して出来上がった一冊です。
手工芸的な製本は、部数を多くつくることができません。それゆえ、商業出版の製本にお声掛けいただくことは、貴重な機会でした。
今回はもともと、比較的簡易な中綴じか平綴じの構造で作りたいとのご希望でした。
しかし、私が受注を受けて一冊ずつ作ると、時間も費用も必要で、販売する本の価格に見合う事がなかなかできません。
それならば、製本の方法をご提案して、「みんなで」作ろう!となったのでした。
ワークショップ形式で製本を教えながら、売り物の本を作る。
教わる人の楽しみを満たしつつも、質を保った本を作らねばなりません。(もちろんのこと!)
初めての試みでしたが、出版社のビーナイスさんがあっという間に、作業の参加者を集めてくださったのでした。
2日間で、のべ15名の方が参加してくださいました。

作家の井上さんや、会場も提供してくれた中野活版印刷店さん、デザイナーさんや、イラストレーターさん、元々本に関わる人たちも多かったせいか、作業は順調に進み、最初の心配をよそに、2日間で100冊を無事に仕上げることができました。
初めて製本をする方々に対して、質を求めるというのは酷な気もしていたのですが、みなさん「きれいな本を作ろう!」という気持ちが高く、楽しみながら作業していただけたので安心しました。
ソフトカバー装、中綴じの糸かがりといっても、量産本のそれとは異なる、細部のつくりにこだわった造本となるよう、
手だからこそできることを大切に、努めました。
5つ目綴じ、チリをつくったこと、表紙のがんだれ、手に持ったときの柔らかさ、などなど、丁寧に手で作ったからこその本の息づかいが、そこにはきっと宿っているはずです。

こちらの本は、荻窪・Titleさんでの井上さんの展示「うさぎ、くま、わたし、泣く」で販売をします。
前作の「くままでのおさらい」(こちらは美篶堂さんによる、美しい上製本、そしてリソグラフ印刷です)とともに、その世界感をぜひご覧ください。
IMG_3213IMG_3214IMG_3215IMG_3216


2017年4月6日(木)ー 2017年4月23日(日)
Title 2階ギャラリー
12:00 – 21:00 水曜・第三火曜休み 
*イベント開催日(4月10日・21日)は18:00にて終了 最終日23日は19:00にて終了

きみとわたしのさかいめは どこだろう?
綴じられているのは、祈りにも似た「やさしさ」が紡いだ物語。——–

昨年秋、ビーナイスより美篶堂手製本の特装版とハンディ版にて同時刊行された、絵本『くままでのおさらい』。この春、スピンオフ作品として製本監修に空想製本屋を迎え『うさぎまでのおさらい』が新たに生まれます。展示では、2つの物語の間を行きつ戻りつ、一冊一冊丁寧に紡がれた本の世界をお楽しみください。

*展示期間中、『うさぎまでのおさらい』(糸かがり手製本)が会場限定で販売になります。

*展示期間中の4月10日、TALK EVENT「本を作るということ」を開催します。こちらのページよりお申し込み下さい。http://www.title-books.com/event/2620

展示協力:ビーナイス  中野活版印刷店

「本の庭、庭の本」

DSC_0351sl-6_IMG3243_2_img3389_2 6_IMG8114_IMG0163_IMG5062_2 のコピー

 

「本の庭、庭の本」MONONOME PRESS from 空想製本屋
2017年2月3日[金] – 2月20日[月]at  circle [ gallery & books]

OPEN 12:00 – 19:00 (CLOSE:火・水・木曜日)
作家在廊日:2月5・12・19・20日

移り行く季節を本にして表現したい。
そう願いながら、庭の草木で紙や糸を染め、四季の言葉を編み
手製本リトルプレス「庭の本」を制作してきました。
この度、二年にわたる試みが「庭の本 冬」の刊行をもって完結します。
草木染めの写真や手製本の工程、季節の詩歌、
春夏秋冬の「庭の本」が出来上がるまでの過程を展示し
circleにて、本からなる庭を開きます。

あわせて、庭の本の制作過程を収めた写真集も展示販売いたします。

早春の本の庭へ、どうぞお越しください。

編集協力/そらみつ企画 写真協力/スズキ チヒロ(ズアン課)


【関連イベント】 ワークショップ 「庭の採集帖をつくる」

circleのある「やぼろじ」内の草木で染めた糸を使って、拾った草花を貼り付け、飾っても楽しめる採集帖を手製本でつくります。

南天の枝葉で草木染めした糸(淡い黄色に染まるのです)を綴じ糸に用い、台紙を針と糸でかがります。
複雑に見える綴じ方ですが、基本に少しアレンジを加えるだけ。初めての方でも大丈夫です。

DSC_0215DSC_0221

日時:2月12日[日]

1部/11時00分~13時30分
2部/14時30分~17時00分
参加費:3,500円(1ドリンク付き)
定員:各回5名(要予約)

ご予約はメールにて承ります。
件名を「庭の本ワークショップ参加希望」とし、本文にお名前・電話番号・人数をご記入の上、shop@circle-d.meまでお送りください。
参加者には折り返し詳細をメールいたします。


circle 

国立市谷保5119 やぼろじ内 TEL 042-505-8019
□JR南武線谷保駅北口より徒歩5分
□JR中央線「国立駅」南口よりバス10分、
※京王バス「国17・国18」乗り場、
停留所「国立府中インター入口」から徒歩2分


個展開催にあたって、長い前書き。

二年ほど前から、お客様の本や依頼された本を作るというそれまでの受注制作とは別に、
空想製本屋自ら企画、そしてもちろん手製本で制作するリトルプレス MONONOME PRESSをはじめました。
作品として本を作り、そして販売する、というのは実は初めてのこと。
その最初のテーマとして選んだのは、草木でした。

生まれ育った地が陶芸の町だったこともあり、自然物を活かして制作をする、工芸やクラフトというものに、ずっと馴染んできましたし、憧れてもいました。
私が生業として選んだ手製本は、手仕事には違いないけれど、「本」という、人の思索が詰まったものを素材とします。
工芸や、クラフトの一部ではあるかもしれないけれど、その内容を尊重する分、完全なる工芸、製本家の作品とは言い切れないとずっと思ってきました。
本は内容ありきのものだというのは今でももちろん前提にしていて、中身のない本は作りたくないし、本のかたちを考える際にも、内容を自然に体現できるような形を目指しているのには変わりありません。
けれど、
自然から素材をもらって、それを活かして日用に適う、そして美しいものを作る、ということが手製本でもできないか、という思いは、
受注制作の仕事が充実していくにつれ、濃くなってゆきました。
庭のあるアトリエに越してしばらく経った頃、ここでなら、やりたかったことができるのかもしれない、と思ったのでした。

自然と手が結びあって出来上がる本、土から生まれ、土に還る本を、作ってみたいと。
前後して、ワークショップを通して草木染めの魅力を知ったり、力強い編集の助っ人がみつかったりと、長年あたためていた思いが熟していたのかもしれません。
そんなわけで、MONONOME PRESSの「庭の本」は生まれました。

そらみつ企画さんが素晴らしい短歌や俳句、詩を選んでくれました。
平安の時のなかにも、100年前にも、そして今にも同じ季節を過ごし、同じ感覚を味わっているわたしたちがいるのだということ。
そう実感させてくれる言葉との出会いがいくつもありました。
庭の本の写真は、ズアン課のスズキさんがアトリエに通って、撮ってくれました。
自然の光の美しさにはっとする、素敵な写真です。
スズキさんは、展示で販売する写真集のデザインもしてくれています。

四季を通して庭の本を制作する中で、私自身、もちろん細やかな季節の変化に敏感になりましたし、
カレンダー的なコマ割の時間の流れから、
季節は、時間は、帯状に、ひとつづきに、流れてゆき、互いの季節が互いを内包するようにして、
抱え合っているんだなと実感するようになりました。そして自分もその一部なのだと。

そんなことを、庭の本を手に取って読んだ方が、感じてくれたら嬉しいなと思います。
庭の本が本になるまでの過程も、展示ではお見せするつもりです。

これが、ほんとうに工芸、クラフトと言えるのか?はなんだか作り終わったらどうでもいいことのような気がして、
自然の素材を用いて、手を通して出来上がった本に触れて、気持ちいいと感じてもらえたらそれでいいとも思います。

これまでは人の書いた本ばかり作ってきましたが、今回が、作品としての空想製本屋の、MONONOME PRESSの初個展ということになります。

会場は、緑に囲まれた、国立・谷保のcircleにて。庭の本のお取り扱い店でもあります。
訪れるだけで気持ちのよい場所です。
敷地内には食堂もあり、きっとゆっくりしていただけると思います。

展示期間中は、日曜、またその他も時間ができたら在廊する予定です。
お越しいただける皆様とお会いできるのを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

THE TOKYO ART BOOK FAIR 2016

dsc_0970

_img3371_2

9/16〜19まで行われるTHE TOKYO ART BOOK FAIR 2016に、空想製本屋の企画・発行するリトルプレス「MONONOME PRESS」が出展します!
庭の草木で染めた素材と季節のことばを編んだ春・夏・秋3種類の「庭の本」、オーダー製本で出る端紙とオーダーシャツ屋さんの端布を用いて制作した新作「はしばしノート」を展示販売します。
文庫本葉書と文庫本画廊を販売する、ブックピックオーケストラと共同出展です。
国内外のアートブックや写真集が集まるイベント。フードも充実しているので、ぜひ、遊びにいらしてください。
私は、9/16(金) 15:00-17:00くらい、
   9/17(土) 18:00-20:00くらい、
   9/18(日)、9/19(月)は全日、ブースに居ります。
空いている時間は受注製本についてのお話などもできるかと思います。
店を持っていない身としては、お客さんと直接お話して販売できる、貴重な機会。お気軽に、遊びに来てくださいませ。


THE TOKYO ART BOOK FAIR 2016

日程: 9/16(金) 15:00-21:00
    9/17(土)・18(日) 12:00-20:00
    9/19(月) 11:00-19:00

会場: 京都造形芸術大学・東北芸術工科大学外苑キャンパス
    東京都港区北青山1-7-15(最寄駅:JR信濃町駅)
    出展者名「ブックピックオーケストラの文庫本葉書と文庫本画廊+MONONOME PRESS」
    ※ブース番号 D-20

アクセス: JR 「信濃町駅」より徒歩5分
      東京メトロ・都営地下鉄「青山一丁目駅」より徒歩10分
      map→  (Click!)
URL: http://tokyoartbookfair.com/


新作の「はしばしノート」は、空想製本屋の受注製本で出てしまう端紙を綴じ合わせ、オーダーメイドシャツ屋「holo shirts.」さんの端布を表紙に仕立てたノートです。
ふと思いついた言葉のはしばしを書き留めるノートとして、日々のはしばしを記録するアルバムとして、お使いください。
端紙と端布の組み合わせは一冊ずつ違います。端紙には、10年前の作品づくりの時にタイトルを試し刷りした紙や、ポーランド製のノートの切れ端、スイスで求めたルーズリーフなど…が綴じ合わされています。
走り書きしたメモや「ことば」も混ざっているかも?
真四角の、105ミリ×105ミリのサイズと、少し縦長の105ミリ×125ミリのサイズをご用意しました。
紙とシャツのきれはしから生まれたノート、お手にとっていただけると嬉しいです。

:はしばしノート
:布装ハードカバー、コプティック製本/80p
:定価2,500円

 

dsc_0979

はしばしノート

_IMG0144_2

庭の本 秋

sl-6

庭の本 春

 

2016-07-31 | diary, 制作日記

「庭の本 夏」刊行しました

 

 

_img3361_2

_IMG3045_2
_IMG3055_2

 

暦の上では秋も近づいていますが、暑さはこれからが本番。
季節の草木で素材を染め、季節のことばを編んだ「庭の本」。既刊の春、秋に続き、夏の本が出来ました。
今回も編集はそらみつ企画さん。夏を詠んだ近代俳句を選んでくれました。高浜虚子、正岡子規、飯田蛇笏、村上鬼城など104もの句が並び、
新緑の初夏から、秋の気配を感じる晩夏まで、ページを繰るごとに夏の色が濃くなっていきます。
染色は、表紙とリボンを藍の生葉で染め、綴じ糸はミント、ローズマリー。すべてアトリエの庭で育てた植物で染めました。
暑い中で感じる風や水の涼やかさを思い起こすような、あさみどりの本になりました。
リソグラフの刷り色は折ごとに変えているので、アンカットの袋を切り開くと、違った色が出てくるのも、楽しいところです。

そして今回から価格改定をし、お求めやすくなりました。春、秋の本とも、今後は夏と同じ新価格になります。
より多くの方の元へ、届けられたら嬉しいです。

残り少ない今年の夏を、庭の本とともに、味わっていただけますように。

DSC_0648

DSC_0654

 

 

_IMG3009_2

_img3389_2


MONONOME PRESS 「庭の本 夏」

製本:リボンリンプ製本
染色:表紙、リボン…藍(生葉染め)/綴じ糸…ミント、ローズマリー
銀箔押しタイトル、本文リソグラフ印刷、地アンカット
夏を詠んだ104の近代俳句を季節順に掲載。
定価6,400円
50部限定、スターネット(栃木・益子町)、circle(東京・国立)、また通販にて販売しています。
通販をご希望の方は「庭の本購入希望」としてinfo{at}honno-aida.comまでメールをお送りください。

2016-05-13 | diary, お知らせ

ワークショップ「重ねて物語をつむぐノート」at 南桂子展

DSC_0434

DSC_0432

季節は春から、すっかり初夏に移り変わっています。緑が眩しい季節です。
6/20(月)、ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクションの南桂子展に合わせて、手製本ワークショップ「重ねて物語をつむぐノート」を開催します。
銅版画家・南桂子は、鳥、樹、たたずむ少女、果てしなく広がる空といったモチーフを使い、童話的とも評される独特の世界を描きました。
一見、可愛らしく少女的でもあるその画風は、実は緻密な作業と丹念に計画された画面構成の上に成り立っています。
今回ワークショップを開催するにあたり改めてその画業に触れ、高い技術力と独自の感性を併せ持つ希有な人物だったのだと感じました。

いくつもの版を重ねて、その重層性により奥行きのある画面を作りだす、銅版画。
ばらばらの紙を重ねて綴じて、一つの世界を織り上げる手製本。
南桂子の作品から連想する「透明感」、「風」をキーワードに、手のひらサイズのノートを作ります。
銅版画と手製本、技術は違いますが、南桂子の世界観を、紙と糸を用いて織り上げる体験をしていただけたらと思います。

開催は展示会場の中で。絵に囲まれてのワークショップ、とても楽しみです。


手製本ワークショップ 「重ねて物語をつむぐノート」

様々な色や形、質感の紙を組み合わせ、製本の基本技法である「一折中綴じ」でつくるノート。銅版画の版の重なりのように、紙の積層が一つの風景や物語を生み出します。半透明の表紙からは中の紙が透けて見え飾って楽しむこともできます。
講 師─本間あずさ(製本家/「空想製本屋」店主)
日 時─6/20(月)
【午前の回】10:30~13:00
【午後の回】14:00~16:30
定 員─各回10名
持ち物─はさみ、カッター
A5サイズまでの好きな紙を綴じることも可能。使用したい紙があればご持参ください。
参加費─2300円(入館料・材料費込)
申 込─5/26(木)12:00より電話にて受付開始(先着順)

※休館日の開催ですが、参加の方は展覧会をご覧いただけます。
※小学校高学年から参加可能。(要大人同伴)
※お申込み後、開催直前でのキャンセルはご遠慮ください。

会場:ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7
Tel:03-3665-0251 Fax:03-3665-0257

2016-03-03 | diary, 制作日記

庭の本 春、ふたたび

sl-6

DSC_0351

空想製本屋の企画制作するリトルプレス、庭の本
季節のことばを編み、草木染めした素材を用いて手製本で作っています。

去年のちょうど今ごろ、第一冊目の春の本を刊行しました。
そして一年が巡り、また春。今年も本のために草木染めをはじめました。
染色の工程を少しご紹介します。
春の本の表紙は、椿の花びらで染めています。6冊分の表紙を染めるのに、今回は椿約40個を使いました。
庭の本、とはいえもちろん庭だけでは間にあわないので、近くの公園などからも落花した椿を集めます。
そして椿を水とお酢と混ぜ、ミキサーで細かく砕きます。鮮やかなピンク色はまるでストロベリーソースのようで美味しそう。

DSC_0368

DSC_0371

そして、この染液をバットにうつし、紙を浸して染めるのです。
天地返しを繰り返し、2時間強。染液から引き上げたら、みょうばんを溶いた水で媒染。
窓に貼り付けて乾かし、このあとプレスして紙染め完成です。
季節の果物を閉じ込めたジャムのように、春の花の色を、本に留められたらと思いつつ制作しています。
毎日せっせと椿の花を集める春の日々は、しばらく続きそう。

DSC_0374

庭の本  春は、春を詠んだ和歌と俳句が季節順に編まれています。今年は立春の日から、本とともに季節の移ろいを楽しんでいます。
桃の節句の今日はちょうどこのあたり。

 朝日かげにほへる桃の花ざかり空さへ色にうつろひにけり    詠み人しらず

DSC_0393

DSC_0399

桜の歌まではまだもう少し。この折は、初桜から散る桜まで、まるごと桜の歌です。
アンカット、折ごとに紙の色も刷り色も変えています。
日が経つごとに、ペーパーナイフでページを切り開いて読むのが楽しみです。


MONONOME PRESS 「庭の本 春」

製本:列帖装(れっちょうそう)
染色:表紙…藪椿/紫木蓮、綴じ糸…桜/ヨモギ
白箔押しタイトル、本文リソグラフ印刷、地アンカット
万葉集~近代までの春を詠んだ76 の和歌と俳句を季節順に掲載。
定価7,900円
50部限定、スターネット(栃木・益子町)、circle(東京・国立)、また通販にて販売しています。

 

2016-02-17 | diary, お知らせ

あたらしく、はじめます

庭の三椏の花は今にも開きそう。 少しずつ春が進んでいきます。

 

この春、数年振りにホームページをリニューアルしました。
2008年の9月、はじめての個展をした時にホームページも同時にスタートして、7年半の長い間、色々なことを書き綴ってきました。
会社員時代、まだまだ製本が仕事になっていなかった時から、スイス留学を経て、少しずつ仕事がかたちになっていく過程をともにした、思い入れのあるホームページでした。
最近はあまり更新もできなくなっていたし、仕事の実情とずれを感じてもきていたので、思い切って全面リニューアルすることにしました。
前の日記がもう読めなくなってしまうのは残念というありがたい声もいただいたので、何かの機会にまとめられたらと思っています。
旧ホームページをきっかけに出会った方たちに、たくさんの感謝をこめて。

またここから、あたらしく、はじめようと思います。
日記もできるだけ綴っていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。
新ホームページははじまったばかり。よりよい場に育っていきますように。